エキナセア・ハーブの効果と使い方や副作用について紹介!

ボディケア
スポンサーリンク

エキナセアというキク科のハーブは、

免疫力アップさせてくれる効果があり、

風邪やインフルエンザなどの感染症の

予防・治療に役立つといわれています。

そのエキナセアの効果について、もっと

深掘りし、使い方(飲み方)や、

気になる副作用についても紹介します。

  

エキナセア・ハーブの効果

エキナセアの効果について、ご紹介します。

但し、効果については個人差がありますので、

万人に効果があるとは言えません。

また、次の章に副作用についても書いていますので、

そちらも参考になさってください。

免疫力アップ

エキナセアは、感染症を防ぐ・戦えるように

免疫系を刺激し、活性化する効果がありますので、

人間が持つ本来の免疫力を高めてくれます。

風邪やインフルエンザの予防や、花粉症の予防にも

効果があるといわれています。

体温を上げる

免疫力のアップにつながりますが、体内に菌やウィルスが

入り込んだ時に、体温を上げて、菌やウィルスを

無力化しようとします。

また、体温が下がると血流が悪くなりますので、

カラダの中にウィルスや菌が入っても、それらを

無力化してくれる白血球を集めることが困難になり、

発病しやすくなってしまいます。

ですので、体温を上げることは重要です。

エキナセアは、体温を上げてくれる効果がありますので、

この体温を上げることでも、免疫力のアップに

貢献してくれます。

ウィルスを無力化する

これまで、エキナセアの効果でカラダの

免疫力をアップして、ウィルスや菌を

免疫力で無力化することを書いてきましたが、

海外の研究では、エキナセア自体が、

ウィルスや菌を攻撃して、無力化するとの

研究成果を発表しています。

但し、あくまでも現象だけであり、

エキナセアのどの成分が有効に

作用しているのかは明確にはなっていません。

ですので、自分のカラダの体温を上げて、

免疫力をアップしてくれる点を重要視して、

あくまでも予防としての効果があると

認識すれば良いと思います。

エキナセア・ハーブの使い方

エキナセアの花、葉、茎、根を使って

ハーブティとして飲むのが一般的ですが、

ハーブティといて加工された市販のものが

ありますので、そちらを利用すると簡単で

効果的です。

また、ハーブティだけではなく、サプリメントとして

カプセルにつめたものも市販されていて、

飲みやすくなっていますので、こちらもおすすめです。

さらに、吸収しやすいチンキもあります。

直ぐに効果を感じたい方には、このチンキが

おすすめです。

エキナセア・ハーブは副作用がある?

免疫力アップの効果についてご紹介してきましたが、

副作用があるのか気になるところです。

ここでは、副作用についてご紹介します。

ヨーロッパの研究結果では

ヨーロッパの研究では、毒性があるとの

結果はでていないようです。

ただ、継続して服用していると、効果が薄くなるので、

8週間飲み続けたら、1週間以上は飲まないようにすると

言われています。

キク科アレルギー

キク科の植物にアレルギーがある人は、アレルギー反応を

起こしやすいといわれていうます。

また、喘息やアトピーの人も、アレルギー反応を

引き起こす可能性が強いと言われています。

但し、喘息の子供にハーブティやサプリを飲ましたところ、

改善されたという事例もありますので、個人差が

あるということは大前提となります。

まとめ

エキナセアは免疫力を上げてくれるし、

体温も上げてくれるので、いい面だけを見れば、

理想的なハーブといえます。

もし、日ごろから風邪を引きやすいとか、

急に体調不良が続いたり、花粉症の時期の前に

エキナセアのハーブティやサプリを

試してみてください。

タイトルとURLをコピーしました