阪神の藤浪晋太郎が無期限の二軍降格!原因と過去の出来事を調査!

プロ野球

こんにちは、五郎です。

 

阪神の藤浪晋太郎投手が、無期限の二軍降格となってしまいました!

そこで、ここでは藤浪晋太郎投手について

  • 無期限の二軍降格の原因
  • 過去の出来事と今期の展望

について調査していきます。

 

 

 

 

阪神の藤浪晋太郎が無期限の二軍降格の原因

5月28日の練習開始の午前10時半になっても藤浪晋太郎投手があらわれず、

結果的に大遅刻をしました。

 

これに対して、矢野耀大監督が無期限の二軍降格を決定したんですね。

 

矢野耀大監督の報道陣への話を紹介します。

「新たにみんなで頑張ろうという中で、練習に遅れてくるというのはすごく残念やし、
全体の信頼を失うようなことだった。ここ(一軍)にいて、みんな同じ気持ちでやっていくのが難しいという判断。
人なんでミスもあるけど、これが初めてじゃないので……」

 

矢野監督談話のなかの、「人なんでミスもあるけど、これが初めてじゃないので」

ということはなにを指すのか説明しますね。

 

厚遇

藤浪晋太郎投手は、阪神に入団して3年連続で2ケタ勝利をあげた功績があり、

復活のために、山本昌さんを臨時コーチに招いたり、いろいろと厚遇をしてきました。

 

感染

新型コロナウイルスの感染が広がり始めた時期に、

複数の人間が参加したパーティに出席し

新型コロナウイルスに感染しました。

この時もかなり激しいバッシングがありましたね。

 

矢野監督からすれば、エース復活のために、

球団が温情をかけてきたのに、それを踏みにじるような態度が

許せなかったんでしょうね。

 

野球はチームプレーですので、他の選手への配慮もあったのだと思います。

 

過去の出来事と今期の展望

過去の出来事

藤浪晋太郎投手が入団以来3年連続2桁勝利をあげて、

阪神のエースとなったあとに、低迷してしまった原因は、

15年4月に広島のレジェンドの黒田博樹選手に、

2球続けてビーンボールを投げて、黒田博樹選手から「オラッ!」と

一喝されて以来、極度の制球難に苦しみ始めたんだそうです。

 

そのレジェンド黒田選手への2球続けてビーンボール以降、

マウンドに上がるたびに、対戦相手のファンからそのことについて

ヤジられるようになって、委縮してしまったのかもしれません。

今期の展望

今期は、新型コロナウイルスの影響で、無観客試合となるので、

観客がいない=ヤジがないので、悩まされていたヤジから解放され、

野球に集中できるはずだったんですね。

 

矢野監督は、そんな好転した状況を利用して、藤浪晋太郎投手を

開幕から先発させて、自信を付けさせて復活させようとしていたんですね。

 

もしかしたら、矢野監督の思惑通りに、藤浪晋太郎投手は復活して

10勝をあげることができたかもしれませんね。

 

まとめ

さてここまで藤浪晋太郎投手について

  • 無期限の二軍降格の原因
  • 過去の出来事と今期の展望

について調査してきましたがいかがだったでしょうか?

 

今回の藤浪晋太郎投手の無期限の二軍降格は

せっかくいい条件になって、調子もよさそうだったのに残念ですね。

 

反省して、早く一軍に上がって、良い環境のなかで、

復活をしてもらいたいと思います。

 

 

 

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました