岸破義信って誰?安倍首相の次の人って聞いたので調査しました!

政治家

こんにちは、五郎です。

 

最近よく耳にしたり、SNSに登場する

岸破義信って人がいるんですけど、

あなたは知っていますか?

 

実は、岸破義信って人は実在しないんですね。

 

実在しないっていうと正確ではありませんが、

安倍首相の次の人たちの一字を取って、つなげた名前なんです。

 

岸 田文雄さん

破 石茂さん

義 菅偉さん

信 加藤勝さん

 

自民党の主要な方々なので、テレビやSNSで

よくみかけたり、名前を聞きますよね。

 

そこで、この岸破義信の4人の方々を

良く知っている人も多いと思いますが、

あらためて調査していきたいと思います。

 

 

岸田文雄さん

 公式ホームページより

岸田文雄さんは、現在自民党の政調会長ですね。

安倍政権では、長く外務大臣を務めていました。

 

岸田文雄さんのお父さんの岸田文武さんと

お祖父さんの岸田正記さんは、元衆議院議員で、

岸田文雄さんは世襲議員なんですね。

 

岸田文雄さんの経歴

岸田文雄さんは、1957年生まれで

早稲田大学法学部を卒業し、

その年に、日本長期信用銀行に入社します。

 

1987年に父親の岸田文武さんの秘書になり、

1993年に、父親の地盤を継いで衆議院議員に初当選して、

現在にいたります。

 

岸田文雄さんは、宏池会という名門派閥の会長です。

 

宏池会が名門といわれるのは、創立者の池田勇人さん、大平正芳さん、

鈴木善幸さん、宮澤喜一さんの4人の総理・総裁、

自民党が野党時代には、河野洋平さん、谷垣禎一さんと2人の総裁になったという、

総理・総裁輩出人数が多いからなんですね。

 

ただ、宏池会は「公家集団」と云われていて、

政策にはつよいけれど、政争には弱いと云われていますので、

総理大臣になるのは、政争の力を付けないといけないですね。

 

岸田文雄さんの人柄

岸田文雄さんは、「何事もそつなくこなす」人と云われているようです。

 

「そつなくこなす」というのは、仕事ができる人、能力のある人とみられますが、

人が感嘆するような成果が見られないという意味で使う人も多いようです。

 

一国の総理になるには、「そつなくこなす」のではなく、

人が思ってもみないような成果・パフォーマンスを

見せる必要があるのではないかと思います。

 

ただ、最近の総理の方々を振り返ってみると、

そこまで大物感のあるような方はいないようですので、

「そつなくこなす」レベルでもいいのかもしれませんね。

 

岸田さんごめんなさい。

 

 

石破茂さん

 公式ホームページより

石破茂さんは、現在自民党の役職に就いていないですね。

 

石破茂さんのお父さんの石破二朗さんは、

元建設相の官僚で、建設事務次官、鳥取県知事、参議院議員、

自治大臣を歴任した方です。

 

石破茂さんはお父さんが亡くなった際に、あの田中角栄さんから

「継ぐように」云われて、1986年に衆議院議員に28歳の若さで初当選します。

 

石破茂さんは、お父さんの地盤をそのまま継いだわけではありませんが、

やはり世襲議員なんですね。

 

石破茂さんの経歴

石破茂さんは1957年2月4日生まれ(岸田文雄さんと同い年ですね)。

 

慶応義塾大学法学部を卒業後、三井銀行に入行して、

その後、田中角栄さんの木曜クラブの事務局に勤めた後に、

前に書いた通り、1986年に衆議院議員に初当選します。

 

現在は、水月会(石破派)の代表。

 

水月会には、衆議院議員:17名、参議院議員:2名の計19名が所属していますので、

数的に影響力があまりない派閥といえますね。

 

石破茂さんの人柄

石破茂さんは、「誠実」「優れている」「博士」「論理的」など、

優秀で、非の打ちどころがないように見えます。

 

石破茂さんの話し方は、一言一言に魂を込めているかのように、

ゆっくりと、じっと前を見据えて話をされます。

 

聴いているうちに、だんだんと引き込まれるような感じです。

 

こんな方がなんで総理大臣になれないのでしょうか?

 

人柄ということではなくて、政策という点では、

消費増税派で、憲法改正にも前向きのようです。

 

そんなところが、味方の少なさにつながっているのでしょうか?

 

 

菅義偉さん

 公式ツイッターより

菅義偉さんは、官房長官ですので、よくメディアに出ていますね。

なんだかいつも不機嫌で、たまに見る笑顔はひきつっていますね。

 

質問を受けるのは、お気に入りの記者だけとか、

不公平な代表のような云われ方をしています。

 

ほんとうかどうかはわかりませんが、テレビの前で

あんなに不機嫌な人なので、あながちウソでもないように思うのは

僕だけでしょうか?

 

菅義偉さんの経歴

高校卒業後に、集団就職で上京後、定時制の法政大学第二部法学部を卒業して、

民間企業に就職後、議員秘書を経験して、横浜市議、衆議院議員にステップアップします。

 

菅義偉さんはたたき上げですね。

 

横浜市議時代には、議員秘書時代にできた政財官の人脈を活用して、

辣腕を振るって、「影の横浜市長」と云われていたそうですので、

政治家としての能力はかなり高いのでしょうね。

 

ただ、いやな言い方になりますが、上品ではないですね。

 

一国の総理になるには、上品さを装うようなそんな度量が

必要なのではないでしょうかね。

 

毎日不機嫌な顔をしていたら、いつまでたっても

上品さを装うことはできないと思いますし、

人心を掴むことは難しいと思うのですが…。

 

菅義偉さんの人柄

政治家仲間や同級生、そして自分自身の性格評はほぼ同じで、

  • 目立たないタイプ
  • 人の前に立たず控えめ
  • 聞き役に徹するタイプ
  • 自分の殻に閉じこもる
  • 地味で真面目な性格

という感じの様です。

 

またまた失礼な言い方ですが、裏方が性に合っていて、

トップよりもナンバー2向きな人のようですね。

 

加藤勝信さん

 公式ツイッターより

加藤勝信さんは、厚生労働大臣として、ほぼ毎日テレビで拝見しています。

 

ほぼ真ん中わけの髪型。

おしゃれからは、ほど遠いですね。

 

政治家は人前に出る職業ですし、テレビにも出る立場ですので、

もっと、おしゃれしたほうが良いと思うのですが、

大きな世話でしょうか?

 

でも、だらしないようなオッサンよりも

おしゃれなオジサンのほうが、好かれると思いますよ。

 

加藤勝信さんの経歴

加藤勝信さんは、東京大学経済学部を卒業後、1979年に大蔵省入省。

エリートですね。

 

旧姓は室崎さんで、農水大臣だった加藤六月さんの娘に

婿入りして加藤に改姓したのだそうです。

 

なかなか衆議院議員に当選できなくて、2003年に初当選します。

 

加藤勝信さんの人柄

加藤勝信さんは、「突如ポスト阿部」と云われているようですので、

あまり情報が多くないですね。

 

いわゆる婿殿ですので、”イエスマン”と云われているようです。

 

調査してもあまり浮かんでこないので、

継続調査して、更新していくいようにしますね。

 

 

まとめ

ここまで、岸破義信の4人の方の経歴と人柄を照査してきました。

 

いかがだったでしょうか?

 

総理というカリスマ性があって、影響力があって、

頼もしくて、輝いててっていう人は残念ながらいなかったように思います。

 

安倍首相の次はだれなのでしょうか?

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました