お彼岸の日と期間、お墓参りやお供えとお返しについて解説!

ライフスタイル
スポンサーリンク

お彼岸は、年に2回あって、

先祖を供養する日と言われています。

お盆のご先祖様の供養は、よく知られていますが、

お彼岸はいつで、お墓参りはいつ行って、

お供えとかはどうするのか?

また、お供えのお返しはするべきなのか?

今回は、お彼岸についての疑問を解消すべく

一般的なお彼岸について、ご紹介しますね。

  

お彼岸はいつそして期間は?

お彼岸は、春と秋の2回あります。

春は、春分の日を真ん中(中日:ちゅうにち)にして

前後3日間の計7日間です。

秋は、秋分の日を真ん中にして前後3日間です。

初日が彼岸の入り、

秋分の日と秋分の日が、彼岸の中日、

最終日(7日目)が、彼岸の明けと言われます。

春分の日と、秋分の日は休日ですので、

春と秋のお彼岸はわかりやすいですね。

ところで、この春分の日と秋分の日は毎年違います。

春分の日と秋分の日が決まるのは、

前年の2月1日です。

ですので、2月1日を過ぎたら、来年の祝日の、

春分の日、秋分の日とお彼岸の日がわかります。

お彼岸のお墓詣りはいついく?

お彼岸の墓参りは、仏教の考えを元にした、

日本独特の考え(文化)によるものです。

仏教では、ご先祖様がいる解脱した悟りの世界を彼岸といい、

我々が住んでいる世界を此岸(しがん)といいます。

彼岸は西に位置し、此岸は東に位置します。

春分の日と秋分の日は、真東から太陽が昇り、

真西に太陽が沈むので、彼岸にいるご先祖様と、

此岸にいる我々子孫が通じやすくなる考えられて、

ご先祖様を供養する日と定められたのです。

では、いつお墓参りにいくのでしょうか?

と、その前に、お彼岸の入りの前には、

お墓の掃除は終わらせておきましょう。

お彼岸のお墓参りは、当然ですが、

お彼岸の中日が仏様を供養する日と言われていますので、

お彼岸の中日(春分の日か秋分の日)に行くのが、

一般的です。

お彼岸のお供えとお返しは?

お供え

お彼岸のお供え物で代表的なものは、

ぼたもちとおはぎです。

じつは、ぼたもちもおはぎも同じものです。

春はぼたもち(春に咲く牡丹からきたといわれています)

秋はおはぎ(秋の萩からきたといわれています)

ぼたもちやおはぎは、仏壇にお供えして、

自分たちも食べます。

お墓へのお供えも、ぼたもちやおはぎをお供えします。

でも、お墓から帰る際には、必ず持ち帰りましょうね。

お彼岸は、親せきや知人へのお供えもしたほうがいいです。

親せきや知人へのお供え物は、お菓子のセットや、

ビールなどのアルコール飲料を持っていくのが一般的です。

お菓子の場合は、日持ちのするものを選びましょう。

親せきが多いところや、地元の名士のおうちでは、

お供えを多くもらう場合がありますので、

お菓子をいっぱいもらって、困ることもあると思います。

その場合は、商品券やお金でもいいでしょう。

予算は3,000円前後が相場です。

お返し

お返しは、いただいたものの半返しが一般的ですので、

1,500円~2,000円くらいの範囲で、日用品などを

お返しするといいですね。

まとめ

お彼岸は、春と秋の年に2回あり、

春は春分の日を中日に、秋は秋分の日を中日に、

前後3日間の計7日間の期間です。

お彼岸はご先祖様と通じ合える日と言われていますので、

お墓参りをして、きちんと供養しましょうね。

親せきや知人へのお供えは、3,000円前後が一般的です。

お返しは、半返しで、日用品がいいでしょう。

タイトルとURLをコピーしました