貝澤徹のwikiプロフ!アイヌの木彫りやカムイについて調査!

情熱大陸

こんにちは、五郎です。

 

5月31日の情熱大陸で、木彫家の貝澤徹さんが

出演されることになりました。

 

貝澤徹さんといえば、木彫家の前に”アイヌ”とつくことが多いのですが、

アイヌ文化を伝えることにも尽力されている方です。

 

そこで、こちらでは貝澤徹さんについて

  • 貝澤徹さんのwikiプロフ
  • 貝澤徹さんのアイヌの木彫り
  • カムイってなに?

について調査していきます。

 

また、この記事の後半では、

アイヌ文化発祥の地でアイヌ文化を発信している

「二風谷アイヌ匠の道」で貝澤徹さんが

紹介された動画を 掲載していますので、

 

ぜひ合わせてチェックしてみてください!

 

貝澤徹さんのwikiプロフ

・1958年に北海道平取町二風谷に生まれる。

・3人兄弟の長男。

・高校卒業後に木彫家になる。

・2018年フクロウの卵からの孵化を型取った

『ケウトゥムカンナスイ/精神再び』が

大英博物館に常設展示された。

・「北の工房 つとむ」の店主として製作中。

 

貝澤徹さんは高校卒業後に、木彫りをしていた父親の後を継ぎ、

木彫りを始めた最初のころは、観光土産を制作したり、

お客さんリクエストに応えた作品を造っていたそうです。

 

このことは自分の好きなものを彫っていたので楽しかったのだとか…。

 

貝澤徹さんによると、

三人兄弟の長男で、手先は弟たちの方がずっと器用でしたが、地道にコツコツとやっていました。

ということなんですが、地道にコツコツとやることが一番大事なんですね。

 

貝澤徹さんのアイヌの木彫り

写実木彫り

先ほども書いたように、貝澤徹さんは、

木彫家になって最初のころは観光土産の制作をしていました。

 

その後、写実的な木彫りをするようになったのは、

北海道を代表する木彫家の藤戸竹喜さんに出会ったことがきっかけでした。

祖母のところに来ていた藤戸竹喜さんに見せてもらった

写実的な熊の彫刻をもらって、それを見て、

自分が造っている観光土産の熊の木彫りとの

違いに衝撃を受けて、写実的な木彫りを始めたんだそうです。

 

アイヌ文様の木彫り

貝澤徹さんのアイヌ文様の木彫りはとても繊細で、

ずっと見ていられる作品が多いです。

 

貝澤徹さんとアイヌ文様との出会いは、

曾祖父の貝澤ウトレントクのお盆の複製でした。

 

曾祖父の貝澤ウトレントクさんは、明治時代に名工といわれた人です。

 

貝澤ウトレントクさんは、52歳の若さで亡くなり、

作品に自分の”銘”を残していないため、現存する作品が特定できていません。

 

貝澤徹さんの家には、貝澤ウトレントクさんの作品が残されていて、

最初はその作品をお手本にして、アイヌ文様の作品を作り続けています。

 

貝澤徹さんの作品は、記事後半の動画で見ることができますので、

ぜひ、動画をご覧ください。

 

カムイってなに?

カムイとは、自然のものや、人が作ったものなど、すべてのものに宿っている

神や精霊といわれているものを指します。

 

人にやさしいカムイは”ピリカ・カムイ”といって、

疫病やいろいろな悪さをするカムイは”ウェン・カムイ”といわれています。

 

カムイが住んでいるところを、”カムイコタン”といいます。

 

カムイに関する言葉には、”カムイノミ”、”カムイ・モシリ”というのがあります。

カムイ・モシリとはカムイの世界のことで、カムイノミは、カムイの霊を

カムイ・モシリに戻すという儀式のことです。

具体的に説明しますね。

アイヌの木彫りには、熊の木彫りが多いのですが、

それだけ、アイヌの人たちと熊には関りがあったってことです。

つまり、たんぱく源として、寒い冬に熊の毛皮で暖を取るなど。

さきほど説明したように、熊にもカムイが宿っています。

熊のカムイは、人間に狩られて、肉や毛皮を与えます。

その肉や毛皮を熊からもらった人間は、カムイノミの儀式をして、

熊に宿っていたカムイをカムイ・モシリに戻してあげるのです。

カムイは神のように尊崇されるだけの存在ではなく、

人間を助けて、共存する存在なんですね。

とても素晴らしい関係だと思います。

自然や動物・植物など全てのものに感謝するという生き方はすばらしいですよね。

 

 

お待たせしました。

アイヌ文化発祥の地でアイヌ文化を発信している

「二風谷アイヌ匠の道」で貝澤徹さんが

紹介された動画です。

貝澤徹さんの木彫りの作品や、木彫りしているところの

カットもありますので、興味深いです。

 

ぜひ、ご覧いただき、お楽しみください!

🍀二風谷アイヌ匠の道part1🍀貝澤徹 編

 

 

次に、貝澤徹さんの作品を購入することができます。

貝澤徹さんが造られた北海道工芸品として初めて指定された作品です。

 

ぜひ、チェックしてみてください!

 

 

 

まとめ

さてここまで貝澤徹さんについて

  • 貝澤徹さんのwikiプロフ
  • 貝澤徹さんのアイヌの木彫り
  • カムイってなに?

について調査してきましたがいかがだったでしょうか?

 

最初は観光土産を造っていた貝澤徹さんが、

写実に目覚めて、その後に、明治の名工の曾祖父の作品で

アイヌ文様の世界に入っていき、世界最大と云われる、

大英博物館に常設展示される快挙をなしとげました。

 

貝澤徹さんの名工としての腕だけでなく、

アイヌの素晴らしい文化が後押ししてくれたのではないでしょうか。

 

5月31日の情熱大陸が楽しみです!

 

 

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました