テロメアとは?テロメアを伸ばす食べ物や運動・検査方法は?

ボディケア
スポンサーリンク

ヒトの寿命は、検査である程度わかると

言われています。

検査対象は、テロメアという染色体の

末端に位置する配列です。

このテロメアはどんな働きがあり、

なぜヒトの寿命に関りがあるのか、

そして、テロメアを伸ばすための

食べ物や運動について、ご紹介します。

また、寿命を自分のテロメアの

長さを検査によって知ることが

できますので、その検査方法を

ご紹介しますので、

参考にしてみてください。

  

テロメアとは命の回数券

ヒトの体細胞は一部の細胞を除いて、

細胞分裂の回数制限があります。

この回数の上限に達すると細胞は

死滅=ヒトの寿命がつきてしまいます。

この細胞分裂の回数に関わっているのが、

染色体の末端に位置するテロメアと

呼ばれる配列です。

つまりテロメアがヒトの寿命を

左右しているのです。

テロメアは、染色体の先端に位置し、

大切な遺伝子情報を保護する

役目を担っています。

ヒトの細胞は、絶えず分裂活動をすることで

人間の生命を維持しています。

細胞分裂すると、テロメアも

短くなってしまいます。

テロメアが短くなると、それを感知して

老化がすすんでしまうのです。

ところで、ヒトの細胞のうち

生殖細胞は細胞分裂を繰り返しても、

テロメアは短くなりません。

生まれたままの長さで

子孫に伝えられていきます。

この生殖細胞のテロメアの長さの

維持に深く関わっているのが、

テロメラーゼといわれる酵素です。

このテラメラーゼは、発生初期には

活性を持ちますが、ある時期から

生殖細胞など一部の細胞を除いて

働きが抑えられます。

※一部の細胞とは、以下の細胞です。

 ・生殖細胞

 ・幹細胞

 ・がん細胞。

テラメーゼが全ての細胞に

活性を与えることができれば、

老化を防ぐことが可能に

なるかもしれません。

テロメアを伸ばす食べ物や運動とは

テロメアが短くなる=消耗する原因は、

精神的なストレスによるところが大きく

お酒の飲みすぎや、たばこの吸いすぎ

などもテロメアが短くなる大きな原因に

なっています。

例えば、たばこを吸いすぎると肺がんに

なると言われますが、これは、たばこにより

のどや肺の細胞のテロメアが短くなり、

細胞が本来行うべき働きをしなかったり、

にぶくなるので、肺がんのリスクが高くなります。

お酒の飲みすぎも、食道や胃の細胞の

テロメアが短くなって、食道がんや、

胃がんなどのリスクが高くなります。

では、短くなって本来の働きをしなくなった

テロメアを伸ばしたり、再生するための、

テロメラーゼをどうやって増やすのかを

説明します。

ストレスをためないこと、適度な運動や

適切な食生活、良質な睡眠が必要です。

適度な運動とは、1日30分程度の

ウォーキング(有酸素運動)。

食事は野菜中心で、オメガ3脂肪酸が

豊富な野菜や豆類などを中心にします。

精神状態を正常にするために、

ヨガの瞑想もいいと言われています。

テロメアの検査と検査方法

テロメア検査は、遺伝子の強さや、

ストレスによる遺伝子の疲労度を

主に測定します。

検査方法は、血液検査です。

検査にかかる日数は、検査機関にも

よりますが、4週間~1ヶ月くらい

かかるようです。

検査の結果によって、遺伝子年齢や、

がんや糖尿病など生活習慣病のリスクが

わかります。

結果をみて、運動や食生活そして睡眠など

生活習慣をかえるなどして、改善をおこなう

きっかけになりますので、テロメア検査を

おすすめします。

検査についての詳細は、検査機関の

ホームページを確認すると、検査方法や

検査費用をしることができます。

まとめ

テロメアは生命の回数券と言われています。

細胞分裂を繰り返すと、短くなり、

ある長さになると、細胞の動きが

鈍くなり、活動しなくなることもあります。

そのテロメアが短くならないように

するには、また、伸ばすためには、

テラメラーゼの発生を促すことが

必要です。

そのためには、食事や睡眠そして適度な運動など

生活習慣を改善する必要があります。

現在のテロメアの状況は、検査で

知ることができますので、生活習慣に

不安がある方は、検査をおすすめします。

タイトルとURLをコピーしました