TELYUKA(石川 晃之 , 石川 友香)のwikiプロフ!sayaについて調査!

情熱大陸

こんにちは、五郎です。

 

あなたは3DCGから誕生した女子高生の「saya」って知っていますか?

 

https://twitter.com/mojeyuka/status/1189793044612046848

 

3DCGで作られたとは思えないほどリアルです。

 

このsayaを生んだのが、TELYUKAこと、

石川 晃之(TEL)さんと 石川 友香(YUKA)さんご夫婦です。

 

お二人は、5月23日の情熱大陸に出演されます。

 

そこで、こちらではTELYUKA(石川 晃之 , 石川 友香)さんについて

  • TELYUKA(石川 晃之 , 石川 友香)さんのwikiプロフ
  • sayaのプロフィール

について調査していきます。

 

また、この記事の後半では、

sayaの紹介動画を 掲載していますので、

ぜひ合わせてチェックしてみてください!

 

 

 

TELYUKA(石川 晃之 , 石川 友香)のwikiプロフ

TELYUKA(石川 晃之 , 石川 友香)さんのプロフィールについて、

情熱大陸の番組紹介から抜粋しますね。

○石川晃之(いしかわてるゆき)
技術・システム担当
○石川友香(いしかわゆか)
ディレクション・アート担当

2人は在籍していたCGの制作会社で出会い、その後結婚。
2011年頃、フリーランスの3DCGアーティストユニット「TELYUKA(テルユカ)」として活動を開始。Sayaの他に、CGディレクターとして国内外のプロダクションからムービーの制作やキャラクター関連のデータ制作を依頼され作成している。取材ディレクター曰く「仕事でも一緒、オフでも一緒、飲み物も一つを二人でシェアするなど、すごく仲良しのおしどり夫婦」

旦那さんの石川 晃之 さんが技術的な部分を担当して、

奥さんの石川 友香さんが、ディレクターとアート担当なんですね。

 

旦那さんの石川 晃之 さんは芸術家のような風貌をされているので、

アート担当だと第一印象で思っていました。

TELYUKA(石川 晃之 , 石川 友香)のお二人は、

あまりご自分にことを公表されていないので、

出身地や学歴や、職歴とかは詳細に調査できませんでした。

 

お二人ともに、CGには興味があったようなのですが、

専門の教育を受けたり、専門の職業に就いたりはしていなかったようです。

 

旦那さんの石川 晃之 さんは、小さい頃から絵を描くのが好きで、

美術が得意だったようですが、大学は経済学部で、

就職は一般の企業に就職しました。

 

奥さんの石川 友香さんも、専門的な学校の出身ではなくて

建設系の会社に勤めた後に、ゲーム開発会社でグラフィック担当をしていて、

その後、旦那さんの会社に入ったそうなんですね。

 

お二人は、学校などで専門に勉強をしたわけではなく、

自分たちで技術を磨いてきたので、「雑草魂」で

3DCGに挑んでいるそうです。

 

sayaのプロフィール

sayaは、実在するモデルを参考に生まれたのではなく、

TELYUKA(石川 晃之 , 石川 友香)のお二人の

完全オリジナルとして生まれました。

 

CGやロボットなどで、人間に近づけようとすればするほど、

感じる違和感があって、それが強い嫌悪感になり、

受け入れがたくなってしまうことを、

不思議の谷現象というそうです。

 

いろんなロボットや3DCGでまるで人だとか、

まるで実在の〇〇さんみたいだと思うものが

どんどん生まれていますが、この不思議の谷を

抜けられないでいます。

 

でも、sayaは不思議の谷現象にならないと

言われたり、評価されているようなんです。

 

今後、もっと成長して、人間と全く同じように

なる日も近いと思います。

 

 

お待たせしました。

sayaの紹介動画です。

 

英語のナレーションですが、表情や動きを見る限り、

普通の女子学生が映っているように見えます。

 

ぜひ、ご覧いただき、お楽しみください!

saya project

まとめ

さてここまで、TELYUKA(石川 晃之 , 石川 友香)さんについて

  • TELYUKA(石川 晃之 , 石川 友香)さんのwikiプロフ
  • sayaのプロフィール

について調査してきましたがいかがだったでしょうか?

 

3DCGはこれからどんどん変革していって、

現実世界との境がよくわからなくなる時がくるかもしれません。

 

5月23日の情熱大陸で、それを実感してみたいと思います。

 

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました