ツァイガルニック効果は恋愛や勉強の強い味方!

ライフスタイル
スポンサーリンク

私は、やろうと思ったことを手つかずで終わったり、
継続できなかったり、結果が出せなくて困っていました。

皆さんはそんな経験はありませんか?

このままじゃ後悔しかのこらないと思って、
どうやったら「やりたいことをやり遂げられるか」
について調べて、いま頑張っています。

そんな「やりたいことをやり遂げられる」ための
方法の中で、とても気になった「ツァイガルニック効果」。

ツァイガルニック効果は、恋愛や、勉強、仕事の
場面でも効果があるんです。

ここでは、ツァイガルニク効果について、

・ツァイガルニク効果とは

・ツァイガルニック効果の恋愛での活かし方

・ツァイガルニック効果の勉強での活かし方

について、紹介したいと思います。

ツァイガルニク効果とは

ツァイガルニク効果とは人は達成できなかった事や、
中途半端になっている事が心に残ってしまい、
イジイジと考えてみたり、後ろめたかったり、
罪悪感があったりと、達成できた事よりも
覚えているという現象のことをいいます。

つまり、達成できた事は、達成感とともに心がすっきりとして、
リセットされてしまうのですが、達成できなかったことは、
いつまでも心に残ってしまい、後悔とともに、後に引きずってしまいます。

人は亡くなるときに、最も後悔することは「やりたいことをやらなかった」
つまり「やり残したこと」や「やりたいけれど踏み出せなかった」こと
さらに「達成できずに終わらせてしまったこと」だといいます。

亡くなる前に後悔するのですから、中途半端に終わったものや
やろうと思ってやれなかった事は、心に残ってしまうのですね。

ツァイガルニック効果の恋愛での活かし方

ツァイガルニック効果は、中途半端に終わったことが
気になってしまって、ちょっとしたタイミングで思い出してしまい、
最後には執着に近い気持ちになってしまいます。

このツァイガルニック効果を恋愛返に応用すると、
以下のようなアプローチがより効果的になります。

相手との連絡の返事をあえて遅らせる。

・LINEの場合は、相手から返事が必要なメッセージが来たら、
 すぐに返事を返さずに、3時間くらい返事を返さずそのままにする。
・3時間したら返事を返す。

相手が質問や返事が必要なメッセージを送ってきて
時間ずらすと、かなり効果的です。

また、あなたの思いが強くて、立場的に”弱い”場合には、
3時間を数日に変えてアプローチすると、
より、刺激的に相手の記憶に残り、あなたに対する想いが
強くなる可能性があります。

この場合は、以下のアプローチになります。

・相手から返事が必要なメッセージが来たら2~3日返事を返さずそのままにする。
・2~3日返事をしなくても相手からメッセージがきていたら、
 返事を返さず、相手からのメッセージが途絶えたら、メッセージを送る。

この方法は勇気がいります。

もしかしたら「ふざけんな!」と思われるかもしれないって
しり込みしちゃいますよね。

でも、いつも返事をすぐに返していたのであれば、
相手は、「どうしたんだろう」と気になってしまって、
あなたに対しての気持ちに変化が起こると思います。

これが、ツァイガルニック効果なんですね。

ただし、これの方法を試す場合は、あくまでも自己責任でお願いします。

ツァイガルニック効果の勉強での活かし方

ツァイガルニック効果を勉強で活かすには、勉強する時間を
あらかじめ決めておいて、例えばタイマーをセットして、
タイマーが鳴ったら、終了するようにすれば、勉強が中途半端な状態で終わって、
休憩に入ったりその日の勉強が終わってしまい、
やリ残した感があり、休憩が終わることが待ち遠しくなったり、
翌日にスムーズに勉強にはいれるようになります。

つまり、「終わった~!」という達成感を自分に感じさせないことが
ツァイガルニック効果をうまく使う方法です。

まとめ

ツァイガルニック効果は、活かし方によっては自分自身や
自分の環境を変えることができます。

今回は、恋愛と勉強への応用のお話でしたが、
仕事などの収入に直結することもご紹介していこうと思います。

タイトルとURLをコピーしました